Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を信じるか?

GWです。

仕事がある日にはできないことをどんどんやろうと思いつつ、少しずつしか進んでいません。

そのせいか、精神的にもグダグダです。


ここ1年くらい引き寄せの法則にはまってます。
楽しいと感じれば、楽しいことが起こり、辛いと思えば辛い現実が起こる。

思えば叶うという感じでしょうか。


その象徴がフクロウ。
それが気になってネット検索したら、某秘密団体の名が。

努めて明るく元気にふるまっていても、歯医者に行かない間に良くなっていた肌や体調も、3・4月に歯科治療をしてから悪化し、今年も半袖は無理かな。
20年は半袖着て、知り合いの前に出てないな。


3,4月は仕事が忙しく、上の子の卒業、入学とバタバタで、4月には車で事故るし。

それでも幸せだなと思う事もあるけど。


歯科医には、前歯の差し歯を抜いて、入れ歯にした方が体調がよくなると言われています。

私はそこは、2年前に大学病院でカルボン酸(金属含む)で差し歯を接着したせいだと思うのですが。

大学病院の担当した歯科医に問い合わせたところ、「私だったらカルボン酸ではなく○○か、○○を使いますね」との返事。
「憶測ですか?」と聞くと「そうです。また何かあれば連絡ください」と親切に行ってくださいましたが、自分の当時の記録によるとやはりカルボン酸でした。

歯科医も医者のはしくれなのに、カルテに使用材料を記入しないって、患者をなんだと思ってるのでしょうか?


私は世間と信じていることがずれてると思います。

薬、フッ素、歯科金属、合成洗剤、匂いのきつい柔軟剤は体に悪いと思っています。
炭水化物で体はやせ、たんぱく質・油を取ると太ると思います。
実際、20代で18キロやせました。

でも、今の世間の常識はちがうんですよね。

2人の子どもはアレルギーもなく、スタイルも良く元気です。
それぞれ1つ2つイボができたりはしますが、友達も多く精神的にも安定してます。

ただ、参観であまり手を上げてないのを見たり、下の子は一度も上の子は端正な顔立ちなのにここ2年バレンタインにチョコをもらってないのを考えると「何がわるいのかな」と思ってしまいます。

私が世間の常識とずれてるから、他の子から合わないと思われてないかと考えたり。

私も職場で理解されてない感じもするし。

先週から、好きなことを新しい趣味程度の仕事として始めました。
それもあって、忙しいのですが、引き寄せによくある、
好きなことを仕事にすればすべてが好転する!!
のだと嬉しいです。

怪しくても、現実が良くなればいいかな。

スポンサーサイト

死について考える絵本

父が入院していた1か月の間にこの本と書店で出会いました。
とても良い内容だと思ったのですが、その時の私には縁起の悪いお話でした。

でも、父がいつか亡くなった時にはこの本を子供たちに与えようと決めていたので、葬儀の翌日購入しました。

長男は小学6年生なので焼き場でも涙を溜めていて、父の死をよく理解していたと思うのですが、次男の小学2年生はなんとなくしかわかっていない感じです。

ヨシタケシンスケさんの絵本は、アンニュイでコミカルな所がとても好きですが、次男はそんな他の本と同じ感覚で読んでくれていました。

間に挟まれていた小さな紙には、ご両親をすでになくされている著者のこの本への思いが書かれていました。
この本を与えることにより、父の死が子供たちの糧になってくれたらと思います。

父が亡くなりました。

若い頃は、登山、野球、釣り、人並み以上に元気な父でした。
リウマチを祖母が亡くなった30年前から患いながらも、定年後からゴルフを楽しみました。

父は、国立の大学卒で勉強する意欲を最後の入院中でも持っていました。
1か月ほど前に入院した時も、本人が行かないと無理だったので叶いませんでしたが、病院前にあるTSUTAYAのカードを作りたいと言っていました。
「母に借りてきてもらったら?」と伝えましたが、「いや、考えがあるんや」と自分で借りて何かをしたかったようです。

口うるさい父でしたが、自然を愛し、野菜作りを楽しみ、花が咲いたのを写真に取って残していました。
学生時代は機械・電気系を学んでいたので、色んなものを修理する術を幼い頃から見せてくれていました。
本当にたくさんの事を父から教えてもらいました。
とても尊敬しています。

先週最後に会った日は、好きだった冗談も言う気力があり、子どもたちを連れて行ったのを喜んでくれていたと思います。

数か月前に歯のアマルガムが取れて少しリウマチによる手の腫れが少し引いていたのですが、亡くなった父の手はさらに綺麗になっていました。
それは、やはり体の中を悪いものが廻っていたのが、止まったので引いたのではないでしょうか。
その場所が原因なら亡くなっても、そこに病は形として残るのではと思いました。

白いお骨になった時に、口元だけ銀色の金属がスス汚れて異なった色を残していたのが、悔しいというか私がもう少し何とかできなかったかという思いを目に焼き付けさせました。

祖母の時も思いましたが、病院での最期は、対処療法だらけで
しんどいから点滴をする→点滴で胃が弱るから胃薬飲む→胃薬で肝臓が弱るから肝臓の薬→薬が増える→増えすぎたので減らす→体自らの機能が弱ってるので、持ち治すことができない

医療に一石を投じたこの本の通りでした。

カルシウム剤抜きました。

やはり2月に治療をうけてから具合が悪くなったと思うので、元の歯科へ戻り、他の歯科やオリゴスキャンの結果を示し、カルシウム剤を抜いて欲しいと伝えました。
そこでは7年前にしかレントゲンを撮っていなかったので撮り直しました。
すると、今まで大丈夫と言っていた前歯も「もう無理かも。他の神経抜いてる歯もすべて抜いて入れ歯にした方が良い」と言われました。
しかし、2月前までは調子が良かったので、「今回はとりあえず薬を抜いて下さい」と2月に詰め直した歯の薬を抜いてもらいました。
今思えばそれだけ強気に出られたのも、それだけしんどかったのだと思います。
2月に治療後数十分で気分が悪くなったのは、ビタだとおっしゃってました。

抜いてしばらくは調子がかえって悪く感じたこともありましたが、3週間たった今は以前より手や顔の肌は調子が良いです。

抜いた瞬間、目が明るく感じました。
過呼吸がなくなりました。
息があがるのが減りました。

この3点を父に伝えると、何年間も拒否し続けてきた父が治療に前向きな返事をしてくれました。
実家から2時間ほどかかる私のかかりつけ医に予約し、車の運転も最近練習してきたので、乗せていくことに決めました。

しかし、数日後父がそんなに長時間車に乗るのはつらく無理、だと言い出しました。
何度も電話で押し問答しましたが、説得できず、さらに数日後近くの歯科でも治療してもらえればとレポートを作り、メールで実家に送信した直後。

母から父が肺炎で入院したと報告がありました。
昔タバコをよく吸っていてガンで肺を一部取っていたり、ここ数年はリウマチからリウマチ肺だと診断されていたのです。

息のしづらさが本当に私によく似ていたのです。

入院先にお見舞いに行き、初めて父の歯をしっかり見ました。
ほとんど入歯なのですが、下前歯6本の裏にびっしり金属が。

で、入院先には歯科もあるので、父の担当の若き国立大卒の内科部長先生にも私の経験を話しましたが、「ふつうはそういう治療はしません」と穏やかに断られました。

週末に父に会いに行くと、しんどそうながら今までしなかったような家族への気持ちをぽつりぽつりとしてくれます。

MSM硫黄届きました。

オリゴスキャンの結果を受けて注文した硫黄サプリが届きました。
msm (2)1粒がかなりデカいです。
msm (3)msm (1)
飲み込むのに苦労しましたが、試しに夕方1錠だけ服用。
その後、体がすんごくダルくなりました。
家事もままならないほど。
有害ミネラルだけでなく、必須ミネラルまで排出してしまったのではと思いました。

その後は、服用してません。
ネットでは評判良かったので残念です。

また調子上がってきたら休みの日に挑戦するかも。


Appendix

Profile

☆ママ☆

☆ママ☆ブログへようこそ!

アトピーの事、生活、子育て、開運、それらの本、について
綴っていきたいと思います。

どうぞよろしく♪

Extra

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

来てくれた人

amazon

ランキングに参加してます↓

FC2Blog Ranking

そういう季節ですね

楽天で人気♡

楽天

楽天

ランキング参加してます↓

人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング↓

FC2カウンター↓

ヤフオク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。