Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピー 夏のスパイラル

暑くなってきました。
昨晩、多少顔を掻いても、普通肌のままでした。

でも、肘裏や下腕は掻いた跡がひどく、今のところ半袖は着れそうにありません。

長袖→暑い→汗→かゆい→掻く→跡が汚い→
半袖が着れない→長袖→暑い→・・・・

半袖→涼しい→汗少し→かゆくない→きれい→半袖→・・・・こちらのスパイラルになりたいです。
スポンサーサイト

「ウェブはバカと暇人のもの」読みました。

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

何とも失礼なタイトルの本である。
が、著者が本文中でも触れているが、自分がウェブで仕事をしているからこのタイトルが許されるのである。

確かに、ブログのコメント・ツイッターで小さな事が大騒ぎになるのは変だと思う。
人のために怒ったり、発言したり、批評したり。
3次元でそんな事ありえない。
そういう事に時間を割いていられる人は暇で、ある意味幸せなのかもしれない。

ネットがテレビを超えないと言うのもわかる。
実際、ブログを書いててテレビで話題になった事はよく見て頂ける。
だから、大企業の方がネットでの広告の注文の仕方が違ってると言う話もうなずける。
あくまで、簡潔に情報を得たい時にウェブで検索するのであって、何度もSKIPを押させる動画が表紙を飾るHPは
まどろっこしい。

だが、私の様に、健康を取り戻すために情報を得たり発信している人もいる事は本文に出てこない。
ヒアルロン酸が、半年で体内に取り込まれると言うネットの情報を信じて、自己注射をしたりすることはダメで、情報をよく吟味する必要があるとは思う。
それでも、テレビや新聞を見ているだけでは入ってこない情報がたくさんある。

テレビで「〇〇オープン」「△△二股」なんてやってる内に、ネットのニュースでは福島の原発の水位の方が話題になってたり。

実際、私がネットをしだして20年近く経つが、その間に脱ステ脱保湿してる期間は家を出るのが辛かった。
わかってくれる人もいなかった。
そんな時に、外には出られない同じ思いをしてがんばっている人がいて体験や情報を発信してくれてる事にどれだけ助けられたか。

病人も暇人に入れられるのかな。

肌と向き合う時間も、炊事洗濯に必ずゴム手袋しないといけない時間も、自分の合う物を探す時間も必要で、健康な人より忙しいかも。

最近知りました

わたしはわたし
そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて

プエルトリコの詩人 ロザリオ・モラレス

フッ素塗布拒否できた~♪

次男の3歳児検診がありました。

発育も内科も異常なし。
口が遅いので、指摘さをれるかなと思ったのですが、恥ずかしがりと言う事で流してもらえました。

長男も口が遅く3歳児検診で指摘され、その後も保健所から「どうですか?」と母親にプレッシャーをかける電話を頂きました。
でも、7歳になった長男は全然普通に喋れてます。
だからそんなにプレッシャーを感じる事もなかったなーと
二人目の子育てをしていて思います。

健診の調査票にフッ素塗布を希望するかしないかの欄があり、しないに〇したのですが、次男の歯にC1が3本あり、歯科検診で「しといた方が良いですよ」雰囲気をかもしだされる。
1か月程前に歯科受診したことを伝えた後、
「お兄ちゃんがフッ素塗った後にお腹痛くなったりしたので」
それでも助手と歯科医が目配せしあってたが、
「それでは」と解放された。

次の問診でも、次男の虫歯について歯磨きについての問答があり。
「ではフッ素塗布に並んで下さい」
(虫歯の話後にフッ素しないとはマズイ?と思いつつ)
「しないと書いてるんですが」
「あ、ホントですね」
「お兄ちゃんがフッ素塗布後お腹下したりしたので」
「はい、わかりました」
若い保健師さんの方があっさり通してくれた。

希望しないと書いただけじゃなくて、いちいち言い訳してる自分に疑問。
「しません!」とはっきり言えば良かっただけの気もするが、とりあえず次男がフッ素塗られず守ってあげれたという満足感

歯科治療まだ前進せず

歯科へ約1か月ぶりに行ってきた。

この1カ月は肌も辛く、神経への刺激も辛いものがあり、
前回つけた仮詰めKははずしてもらった。

イケるかも?と情報を頂いたセメントSのc色を歯科助手に試させてもらえるか
提案すると少しイヤそう。
(Sのc色は、メーカーにフッ素が入ってないか確認済み)

最初は同年代で主婦ネタでこの助手と話が合っていたが、最近他の助手に変えて欲しい位に私の方がおかしいみたいな態度だ。

彼女の子供もアトピーだと言っていたのに・・・
うちの子がアトピー治ってるからひがみか?
あなたみたいに健康に働ける人がどれだけ羨ましいか。
この季節に他人から見える顔と手は幸い健康人に見える程度の肌だから、きっと、のんきな主婦クレーマーだと思ってるのだろう。

そんなことはさておき。
SのC色を右手に持った。
呼吸は下に沈むのではなく、頭に突き抜ける感じ。
GICが私はこの感じがした。
しばらくすると、左手がこわばってグーから開かなくなった。

神戸で金属アレルギーをこのセメントで治療している歯科のブログも見てたので、かなり期待してたのだが

前回も持って波動をはかって2番目に良かったセメントSのI色を持ってみる。
匂いも気にならず、手もこわばったりしない。

試しに前回1番波動が良かったRを持ってみると、匂いが苦手。
それに前回つけて数分で色んな所にかゆみがきた。

同じセメントでも色により、こんなに反応が違うとは。
しかも、C色の方がI色より薄い。
着色料が少ないはずと思っていたが、逆に漂泊されているのかもしれない。

手とか顔に麻痺が出たらびっくりするけど、実は歯科材料が関係してる人もいたりして。

金属アレルギーを知るまで、歯科材料が肌や体に影響するなんて知らなかった。
知らないだけに、気分が少々悪くても、肌が荒れても、歯医者に通えてたのかもしれない。

アトピーだから、環境やストレスで肌に変化が出て当然。
多少の胃もたれは良くある事、妊娠してる時に気分が悪くても不思議はない。
そういう考えが、歯科材料の発展を阻んでいるのではないだろうか。

2年前には肌が辛くて使えなかった仮詰めが匂いの不快感も手の麻痺もおきなかったので、詰めて帰ったが帰宅途中の電車で気分が悪くなったので、家で半分ほど削り落とした。

次回、先生が周りに聞いて私に使えそうなセメントを取り寄せといてくれるらしい。
それに期待!!

Appendix

Profile

☆ママ☆

☆ママ☆ブログへようこそ!

アトピーの事、生活、子育て、開運、それらの本、について
綴っていきたいと思います。

どうぞよろしく♪

Extra

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

来てくれた人

amazon

ランキングに参加してます↓

FC2Blog Ranking

そういう季節ですね

楽天で人気♡

楽天

楽天

ランキング参加してます↓

人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング↓

FC2カウンター↓

ヤフオク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。